スタ辞苑〜全国スタジアム観戦記〜

スポーツをもっと面白く観るためのスタジアムガイド発信中!毎週金曜日18時+α更新予定。

MENU

スポーツ観戦の楽しみ方に関する研究~十人十色~【コラムその30】

「へんしゅーさんって本当にスポーツ観戦好きですよね」

と、よく言われます。しょうがないですよね。だって好きなんだもん。

 

我ながらなんでこんなに好きなのか分かりません。

私理系なので、理由とか根拠とかを考えるのが好きなのですが、なんでスポーツ観戦がこんなに楽しいのか未だにさっぱりわからないのです。

でも気付くとスタジアムに行ってるんですよね。こわ…。

 

ただおかげさまでいろんな人とスポーツ観戦をする機会があり、一緒に行った人が何を楽しんでるのかを見て間接的にスポーツ観戦の何が楽しいのかずっと研究してきました。

今回はその研究結果をレポートにして報告いたします。

 

f:id:epokopoko:20200716212815j:plain

 

 

1.純粋にスポーツを楽しんでるタイプ

純粋にスポーツを見ているタイプです。「今のプレーはどういう意味があるの?」とか聞いたり、逆に「今のプレーはこのためにやっているんだよ」とか教えてあげると喜びます。

こういうタイプの人はどちらのチームにもつかず、ただただ黙って試合を見ています。

 

2.応援に興味津々なタイプ

野球でいえば外野席、サッカーでいえばゴール裏に興味津々で、「あれはなんて歌ってるの?」なんて聞いてきます。こういうタイプの人はどっちかのチームに肩入れしてたりします。

このタイプの人は一歩間違うと応援にドはまりしてしまう危うさも持っています。

応援って劇薬なので、あんまりはまりすぎるとひどい負け方とかしたときにかえってストレスになってしまいます。適度に楽しみましょうね。

 

3.雰囲気を楽しんでるタイプ

ただただ、ビールを飲みながらスタジアムの雰囲気に浸っているタイプです。結構私はこれに近いかもしれません。 

スタジアムでぼーっと試合を見ているだけで幸せなタイプです。残念ながら特に生産性はないんですけど、他に何もいらないのである意味では幸せな人かもしれません。

 

4.グルメに夢中なタイプ

スポーツそっちのけでずっとコンコースに入り浸り、うまいものはないかと探しているタイプです。最近ではグルメに力を入れているスタジアムも多いので、それも楽しみ方の一つでしょう。

ただ、試合の大事な場面を見逃す危険があるのでご注意を!

 

5.カッコいい選手にワーワーなタイプ

ビジョンに映る選手の顔を見てワーワー楽しむタイプです。最近は選手をアイドル的に売り出していくチームも多いですからねぇ。

こういう人はいずれ最前列に陣取り、バズーカみたいなカメラを構えてパシャパシャ写真を撮るようになるかもしれません。最近は一人で来て写真撮ってる系女子が本当に増えましたしねえ…。時代は変わったものです。

 

6.スタジアムに来てる人に興味があるタイプ

「なんか名物おじさんいない?」みたいにどんな観客がいるのか興味津々なタイプです。このタイプの人は人間観察が趣味っていう感じで、ずっとキョロキョロ面白いことはないか、面白い人はいないかを観察しています。

まあ、私も一緒に行っている人を研究している時点であんまり人のことを言えないですね…。

 

7.売り子やチアにホクホクなタイプ

ずっとかわいい売り子やチアがいないかキョロキョロ探してるタイプです。オトコとしては健全でよろしい。

ハマりすぎると売り子の追っかけとかやるようになりそうですね。迷惑はかけないように!

 

8.マスコットかわいーなタイプ

会社にマレーシアから留学生の子が来た時、野球に連れてって何を楽しむのかなあと思ってたら、一番楽しんでたのがマスコットでした。

ジャパニーズゆるキャラはどうやら世界に通用するようですな。 

 

番外編.km/hをmi/hと勘違いするタイプ

こちらは私が大学の研究室にいた時、アメリカから来た留学生と野球を見に行った時の話です。

140km/hの球速表示を見てひどく驚いていたのですが、直後「あーkm/hかー」と納得していました。アメリカでは速さをマイルパーアワー(mi/h)で表すのが一般的なので勘違いしたようです。

そういう文化の違いも面白いなあと思いました。 

 

まとめ

以上で研究成果報告を終了します。こうしてみるとスタジアムの楽しみ方は人それぞれだなあとつくづく感じます。だからこそ何万人もの人が集まるんでしょうね。

これ以外のタイプがあったら興味深いのでぜひ教えてください!

 

他のコラムはこちらからどうぞ↓

sportskansen.hatenablog.jp