スタ辞苑〜全国スタジアム観戦記〜

スポーツをもっと面白く観るためのスタジアムガイド発信中!毎週金曜日18時+α更新予定。

MENU

住之江競艇場~ボートレースのメッカ~

注:本記事は新型コロナウイルス感染拡大の情報を元にしています

【概要】

f:id:epokopoko:20211231200828j:image

住之江競艇場は、1956年開場、大阪府大阪市にあるボートレース場。

 

全国に数多ある競艇場の中で、メッカとして真っ先に名前が挙がるのがこの住之江競艇場だ。

というのも毎年売り上げで全競艇場のうち1位であったり、毎年年末にグランプリが開催されたりと常に多くの競艇ファンでにぎわっているためだ。水質の影響で逆転劇が起きやすかったり、アクセスの良さも人気の一つ。

 

…ただ、残念ながら不勉強のため筆者はほとんどボートレースに関する知識を持ち合わせていない

ということで今回は、住之江競艇場のメッカとしての雰囲気を存分に楽しむことにフォーカスした。

競艇ファンの方には物足りないかもしれないが、逆に行ったことのない人にその独特の雰囲気を伝えていきたいと思う。

【アクセス】

最寄まで★★★★☆

f:id:epokopoko:20211231200845j:image

最寄は住之江公園駅。大阪メトロ四つ橋線とニュートラムが乗り入れ、大阪の中心梅田(西梅田駅)からも20分ほどで来ることができる。このアクセスの良さも人気の一つ。

 

最寄から★★★★★

f:id:epokopoko:20211231200859j:image

住之江公園駅からはこの道をまっすぐ、1~2分ほどで到着できる。屋根がついており雨の日も安心だ。

また入場の際は、100円玉を直接改札に入れるシステム。再入場も可能なので、見るだけならこれ以上コスパのいい趣味はないだろう。

ちなみにニュートラムの住之江公園駅のホームからは競艇場の中も見える角度らしいが、わざわざ見えないように板を張っているらしい。100円を払う価値はあるということだ。

 

【観戦環境】★★★★★

f:id:epokopoko:20211231201022j:image

スタンド内には多くの席が設けられ、暑さ寒さを感じることなく目の前でレースの模様を観戦することができる。

100円でこれを楽しめるんだから太っ腹である。公営ギャンブル場は大体入場料100~200円で一日中楽しめるのだ。


f:id:epokopoko:20211231201041j:image

モンキーターンもカッコいい。しかしレースを大きく分ける場面のため、場合によっては舌打ちや愚痴が漏れ出ることも…。

 

f:id:epokopoko:20211231201047j:image

一方、場外にも席が設けられていて、こちらは寒くて入り口からも遠いせいかほとんど人がいない。

その分どこでも好きな場所から見ることができるし、ボートの轟音を肌で感じることができる。個人的にはここで見るのが一番楽しかった。

 

また追加で料金を払えば有料の指定席も用意されている。じっくり楽しみたい方はそちらもどうぞ。


f:id:epokopoko:20211231201028j:image

ビジョンは大変大きく演出もなかなかカッコいいが、いかんせんオッズは情報量が多いためここから見るのはかなり厳しい。

レースの情報は場内に設けられたモニターを見るのが良いだろう。


f:id:epokopoko:20211231201019j:image

右側にはニュートラムの走っている様子も見ることができる。


f:id:epokopoko:20211231201036j:image

1階コンコース。多くの飲食店が立ち並び、なかなか活気がある。


f:id:epokopoko:20211231201030j:image

舟券売り場の前には予想屋が使うらしいコーナーがある。年季が入っていて聖地の趣を感じることができる。


f:id:epokopoko:20211231201039j:image

一方2階コンコースはそれほど人がいなくて快適だ。それでも警備員はいっぱいいるので、下手なことはできないようになっている。

最近は治安の改善に取り組んでいるところも多い。


f:id:epokopoko:20211231201049j:image

2階コンコースからはこのようにガラス越しにレースを見ることができる。


f:id:epokopoko:20211231201025j:image

スタンドを外から見たところ。なかなかに立派な建物であることがよくわかる。

3階以上は有料スペースになっている。


f:id:epokopoko:20211231201044j:image

レース時はここで立ち見をする人も多い。しかし罵声を浴びせる人はさすがに見られなかったが、ブツブツひとりごとを言う人はいた。金かかってるからね…。


f:id:epokopoko:20211231201033j:image

中には無料で水やお茶などを飲むことができるコーナーがある。気軽に水分を取れてありがたい。

 

【雰囲気】★★★★☆

f:id:epokopoko:20211231201130j:image

お客さんの8割くらいは還暦を過ぎた男性といったところか。

まさしくおじさんのオアシスであるが、それなりに秩序は保たれているようだった。

また少ないながらも子供連れできている人もいるようだった。あんまり小さいうちから慣れてしまうのもどうかなとは思うが、まあ見る分にはほとんどタダですからね。


f:id:epokopoko:20211231201132j:image

競艇場というだけあって、水鳥も来ていた。この競艇場の癒しキャラクターだ。


f:id:epokopoko:20211231201135j:image

私も適当に100円単勝で買ったところ的中、90円を手にすることができた。

調子に乗って今度は二連複を買ったところ、どちらも3着にすら入らず外した。やはりギャンブルは難しい

 

f:id:epokopoko:20220104111635j:image

入り口には初心者コーナーがあるが、そのすぐ上にはギャンブル依存症相談窓口の文字が…。入りにくいわ。

まあ、何事もほどほどが一番です。

 

【グルメ】★★★★★

f:id:epokopoko:20211231201148j:image

ギャンブル飯は安くてうまいところが多いが、御多分に漏れずここももつ煮と焼きそば合わせて700円とやはりめちゃくちゃ安い。

しかも味もB級グルメとして満点のおいしさ。これは100円払ってグルメを食べに来るだけでも価値があるだろう。

下手な居酒屋に行くよりも安上がりで済むくらいだ。

 

【満足度】★★★★★

競艇のメッカと聞いて来てみたが、なるほどアクセスは良いしグルメは美味しいし、何となく落ち着くことができる場所であった。

やっぱりなかなか女性が来るというのは難しいのかなとも感じたが、だからこそおじさんたちの居心地がよくなっているという面もあるのかもしれない。

今後もボートレースのメッカとして末永く栄える競艇場であろう。

 

 

索引を作りました!

他のスタジアム・アリーナは↓からどうぞ

sportskansen.hatenablog.jp