スタ辞苑〜全国スタジアム観戦記〜

スポーツをもっと面白く観るためのスタジアムガイド発信中!毎週金曜日18時+α更新予定。

MENU

滋賀県立体育館(ウカルちゃんアリーナ)~琵琶湖のほとり~

注:本記事は新型コロナウイルス感染拡大前の情報を元にしています

【概要】

f:id:epokopoko:20200307115408j:image

滋賀県立体育館(ウカルちゃんアリーナ)は、1973年設立、滋賀県大津市にある滋賀レイクスターズの本拠地である。

 

かなり古い体育館であるが、なにかのイベントに合わせて作られたのではなく、「心身の健全な発達とスポーツの普及振興」を目的に作られた。なんと健全な理由…。

 

「ウカルちゃんアリーナ」は学習塾の成基という会社がネーミングライツを取得して付けた名前であるが、「ウカルちゃん」が何者なのかよく分からない。地元では有名なんだろうか?

 

 

【アクセス】

最寄まで★★★★★

最寄はJR膳所駅、あるいは京阪膳所駅。難読だが「ぜぜ」と読む。

あまり馴染みの無い地名ではあるが、大津駅から2分、京都駅からでも11分という抜群の立地だ。

 

最寄から★★★☆☆

膳所駅からは徒歩15分程度。若干歩く上、少し入り組んでいるので、Googleマップがあった方が安心。

ちなみに今は膳所駅にレイクスターズのボードがあるらしい。

 

f:id:epokopoko:20200614223856j:image
なお、すぐ脇には滋賀県のシンボル琵琶湖がある。県の面積の約6分の1を占め、圧倒的な存在感を放つ。

 

【観戦環境】★★★★☆

f:id:epokopoko:20200307121332j:image

Bリーグらしく選手との距離も近く、リボンビジョンや4面ビジョンがあり、演出はなかなかのものである。

ただ古い体育館なので、ちょっと老朽化が目立ってるかな…。

 

【雰囲気】★★★★☆

f:id:epokopoko:20200307121907p:image

Bリーグならではの光や音を使った演出で、会場を盛り上げてくれる。

 

が、この日の相手は強豪千葉ジェッツ。チームもなにも出来なかったが、レイクスブースターもジェッツブースターに押されっぱなし…。

相手が悪かったんだけど、ちょっと全体的に元気がなかったな…。

 

【グルメ】

直前に大津の有名店「最後にカツ。」に行ってカツカレーを食べてしまったため、なにも食べられませんでした。

f:id:epokopoko:20200307122900j:image

デカい…。

 

ただもう一つ問題があり、レイクスは食べ物を買うときには食券を購入しないといけないのだ。

おそらく先にお金をもらった方が資金のやりくりがしやすいという知恵なんだろうけど、遠征する人からしたらちょっと敷居が高いね…。

 

と思っていたが、2019-20シーズンからは食券を廃止したみたい。

次回行ったときはバンバン食べたいと思います。

 

【街との一体感】★★☆☆☆

f:id:epokopoko:20200307123856j:image
f:id:epokopoko:20200307123901j:image

私が行った時大津駅近くで見つけたレイクス関連のものはこの2つだけ。

今は前述のように膳所駅にもボードがあるようだが、まだまだ滋賀県内での存在感は薄いように思う。

まあ逆に言えば伸び代は十分あるってことですよ。

 

【満足度】★★★☆☆

交通のアクセスもかなり良いし、トップカテゴリに所属するチームとしては滋賀県唯一だからアドバンテージはあると思うんだけど、まだ浸透しきってないなという感じ。もちろん現在進行形で色々努力してるのは伝わりますけどね。

 

なんかもっと滋賀県民のアイデンティティをくすぐるような事やってみたらどうかしら。

ロゴに琵琶湖取り入れるとか、ミルクボーイを呼んで「滋賀県」のネタやってもらうとか。

 

駒場「オカンが言うにはBリーグ始まって以来ギリギリで残留プレーオフを回避し続けてるらしいねん」

内海「滋賀やないか」


ミルクボーイの漫才 「滋賀」

 

索引を作りました!

他のスタジアム・アリーナは↓からどうぞ

sportskansen.hatenablog.jp