スタ辞苑〜全国スタジアム観戦記〜

スポーツをもっと面白く観るためのスタジアムガイド発信中!毎週金曜日18時+α更新予定。

MENU

YMITアリーナ(くさつシティアリーナ)~新天地を求めて~

注:本記事は新型コロナウイルス感染拡大の情報を元にしています

【概要】

f:id:epokopoko:20210208184835j:image

YMITアリーナ(くさつシティアリーナ)は、2019年開場、滋賀県草津市にあるアリーナ。

 

滋賀レイクスターズのホームアリーナは大津市にある滋賀県立体育館(ウカルちゃんアリーナ)であるが、こちらのYMITアリーナはサブアリーナとして使われている。

sportskansen.hatenablog.jp

ウカルちゃんアリーナの記事はこちら。

 

ウカルちゃんアリーナは老朽化が進んでおり、レイクスターズも後継となるホームアリーナを探しているところである。

こちらのYMITアリーナは2019年にオープンしたばかり、さらに人口が伸び盛りの草津市においてアクセスが非常にいいということでホームアリーナにはちょうど良さそうなのだが、こちらはこちらでキャパシティーが少ないという欠点があり…。

 

いずれは5000人規模のアリーナがないとB1ライセンスが下りないという状況になる可能性があるため、レイクスターズはなんとかホームアリーナを模索しているところである。

 

そんな新ホームアリーナ探しの過渡期にあるYMITアリーナで試合を観戦したので、その様子をお伝えする。

【アクセス】

最寄まで★★★★★

f:id:epokopoko:20210208184911j:image

最寄はJR草津駅。群馬の草津温泉とは何の関係もない。

人口が減少に転じている日本において、開発が活発に行われアクセスも良好なことから、数少ない人口が増加している街の一つである。

私は勝手に「東の武蔵小杉、西の草津」と呼んでいる。 

 

f:id:epokopoko:20210210152152j:image

草津は古くから交通の要衝としても知られており、東海道と中山道が合流する草津宿本陣は現存している中で最も大きいものとして知られている。

草津で観光するならぜひ。

 

最寄から★★★☆☆

f:id:epokopoko:20210208184931j:image

草津駅からは徒歩15分ほど。北口に伸びる大通を抜けていけばいいので、それほど難しくはない。一か所曲がるけど。

また道中にはアル・プラザ(またの名を平和堂)という滋賀ローカルスーパーがあり、必要物資はここで買うことができる。

 

【観戦環境】★★★★☆

f:id:epokopoko:20210208185034j:image
f:id:epokopoko:20210208185027j:image

新しいアリーナなので全体的には非常に快適である。二階席からも近く見やすいのだが、手すりがあるので前の方に座ると若干邪魔になる。

 

また、出入り口が狭く試合終了後は少し混みあってしまったり、音響があまり良くなくDJさんなどの言葉が少し聞き取りにくいタイミングもあった。この辺の細かい部分は改善の余地あり。


f:id:epokopoko:20210208185030j:image

コンコースはこんな感じ。新しくてきれい。

 

【雰囲気】★★★★☆

f:id:epokopoko:20210208185119j:image

入り口にあるアーチ。外から見て何もないとテンションが上がらないばかりか、「本当に試合あるの?」と不安になってしまうので、こういうのがあると地味にありがたい。

時々あるんですよね。ここ入っていいの?っていう会場…。


f:id:epokopoko:20210208185114p:image

光もギラギラ、音もギラギラ、Bリーグらしいきらびやかな演出である。

また会場がコンパクトなので、ある程度一体感も出やすい。いいプレーが出ると会場が一体となってどっと盛り上がる感じもまたBリーグならではの光景だ。 

 

また試合終盤になると、滋賀出身のスター西川貴教の曲が流れ雰囲気を後押しする。本人がどこまで認知しているかは定かではない。

 

【グルメ】★★★☆☆

f:id:epokopoko:20210208185153j:image

会場外の一角にレイクスキッチンと呼ばれる屋台コーナーがある。前回ウカルちゃんアリーナを訪れた時は食券制だったので食べなかったのだが、現在は普通に現金で買えるようになっている。

遠征民には絶対こちらの方がいい


f:id:epokopoko:20210208185146j:image

からあげ丼。500円と安価ながらボリュームがあり、ジューシーなからあげがおいしい。


f:id:epokopoko:20210208185149j:image

焼き鳥?みたいなやつ。甘辛いタレがおいしい。

ただ、滋賀らしいグルメが見られなかったのはちと残念ではある。コロナの状況だったのでなかったのか、もともとなかったのか、定かではないが。

 

【街との一体感】★★☆☆☆

f:id:epokopoko:20210210152130j:image

草津駅周辺で見つけたレイクスターズ関連のポスターは駅に貼ってあったこの1枚のみ。滋賀レイクスターズという名前ではあるが草津での存在感は非常にうすい、というのが現状のようだ。

 

とはいえ、膳所駅からウカルちゃんアリーナまでの道中はだいぶレイクスターズの存在感が大きくなっている。滋賀全体を取り込めるかどうかは今後の努力次第であろう。

sportskansen.hatenablog.jp

 

【満足度】★★★★☆

ホームアリーナであるウカルちゃんアリーナに比べ、便利で快適であるのは間違いない。こちらをホームにした方がより集客しやすい可能性は高いだろう。

 

とはいえ、滋賀レイクスターズのホームタウンは大津市。キャパシティーもウカルちゃんアリーナと大差ないので、わざわざこちらにホームアリーナを移転するメリットも薄いだろう。

 

現在は大津市においてレイクスターズの新アリーナ建設計画が進行中である。キャパシティーは目標の5000人を上回る見込みで、さらに音楽ライブも行うことができる設計になる予定。完成すれば大津市にとっても大きな目玉となるはずだ。

 

しかし、計画は思うように進まず、Bリーグ側からB1ライセンスが止められそうになる事態も起きた。さらにこの新型コロナウイルス感染拡大もアリーナ建設に影響を及ぼしそうだ。

どうなる、滋賀レイクスターズの新アリーナ!?

 

索引を作りました!

他のスタジアム・アリーナは↓からどうぞ

sportskansen.hatenablog.jp